空色日記

乳がんの宣告を受けた主婦の日記

ウイッグの準備  

抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けてしまうのはとても悲しい。

でも悲しいからと言って何もしないわけにもいかない。

ウイッグをどうするか情報をいろいろ集めて
店舗に足を運んだり、ネットで試着品を取り寄せたりしている。

抗がん剤治療を始めてからよりも、始める前の副作用が出ないうちに用意しておく方が良いらしいので、私も早めに用意しようと思ったのだ。


最初に訪れた、車で30分ほどの所の美容室は、
通販サイトのウイッグの取り扱いをしていた。
そこはちょっと話を聞いてみただけ。

次に訪れたのはちょっと遠くて県外。
電車で2時間くらいかかるウイッグの専門店だ。
医療用とお洒落用、男性用のも取り扱っている。
専門店だけあって、数多くのウイッグが並べられていた。
予約して訪れると、あらかじめ好みのものを伝えていたので、それらしき物が用意されていて、
いくつも試着させてもらった。
だけど、どれもうーん、、、っていう感じだった。

色々と情報をくださって、対応も素晴らしく良かったけれど、値段がべらぼうに高い。
25万とか30万とか、やっぱりそれは出せないよ。
一点だけ取り置きをお願いしていたけれど、丁重にお断りした。


引き続きネットで検索し、試着品を2つ選んで取り寄せた。

1つはやたらタバコ臭くて不快だった。

デザイン(スタイル的)には良さげなのに、被っているのが苦痛ですぐに外した。
試着品を使った人がもくもくタバコを吸いながら試着したのかもしれない。

もう1つはいまのようなストレートなロングヘア。
被ってみて、コレはあかん!そう思った。
髪の毛がすぐに絡まるから。


アンケートには、タバコ臭いと、きちんと記入して返送したけれど、
メーカーはこれから臭いもチェックしてくれるだろうか?
そしてそのメーカーのパンフレットを見ていたら、
県内に取り扱いサロンがあるとわかった。
早速足を運んで、色々と話をしながら試着してみた。

オーナーさんがご自身もガンを経験された方であることから、とても心強い。
わからないことや不安なことにも親切に答えてくれるのが嬉しいし、とても安心していられる。
ウイッグはここでお世話になる事は決定した。


診察はまだ少し先なのだけど、だんだんとその日が近づいてくるんだなぁ。


がんのことを打ち明けた時に、息子が俺も坊主にするよと言ってくれたのが嬉しかった。




スポンサーサイト



category: 日記

thread: 日記 - janre: 日記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret