空色日記

乳がんの宣告を受けた主婦の日記

新たなスタート~2つ目の病院  

9月16日 月曜日、北海道から帰宅した。
やっぱり北海道はいい。

また来年も北海道に来るんだ!しっかり治療して、ガンをやっつけよう!
って、そう思った。


9月17日 火曜日、予約していた病院へ行った。

ガン専門の大きな病院。
まず最初に思ったのは、
世の中こんなに多くの人がガンなんだ、ってこと。

乳腺外科も多くの人がいた。
今回は旦那も一緒に行ってくれた。
同じように、ご夫婦で来られている方もちらほらと。

座って待つ間、受付をする患者さんのヘアスタイルや帽子が気になってさりげなく見てしまう自分だった。


肝心な診察、先生は…
というと、とても良い感じ。

親切丁寧温厚、人気のある先生だと電話受付のときに聞いていたので、なるほどなーと思った。

診察の合間に、何度か電話を取り、
多分他の患者さんの診察結果だと思うけど、
「はい、特に異常無しですね、はーい、はーい」とか言って、手際よく資料に線を引いて済んだ患者さんの名前を消しているようだった。


私のガンについての治療法は、前医とほぼ同じ見解で、
抗がん剤で、ガンを小さくして手術、その後HER2療法(であってるかな?)、ホルモン療法と続けていくらしい。

触診をして、しこりの大きさを図り、先生が言った。
もう一度検査をやりましょう、と。


私のガン治療は振り出しに戻ってのスタートとなった。
MR、エコー、CT、と予約を入れ、
薬を入れるポートという器具を鎖骨の所に入れるため、10月に三日間入院することが決まった。


翌18日水曜日、
昨日の午後は早速MRIの検査をした。

喘息持ちのため、前病院では造影剤を使わずの検査だったが、
今回はアレルギーを抑える薬を飲んで造影剤を入れて検査した。
造影剤有りと無しでは、患部の見え方に違いがあるみたい。
先生はこの部分で確実な病巣の様子を診断したかったんだと思う。


お金はかかるけど、二度検査できるのは良いことだと思った。

仕事との両立の事や心配なことを相談できる支援センターという場所があり、それもまた良い。
早速あれこれ相談して不安を解消して帰宅した。


新たなスタートって感じです。






スポンサーサイト



category: 日記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret