空色日記

乳がんの宣告を受けた主婦の日記

CVポート挿入  

10月8日 火曜日

予定通りCVポート挿入の手術が行われた。
それは左鎖骨のあたりに埋め込まれた。


ちょっと甘く見ていた自分。
思ってたより痛くてチカラが入ってしまい、
チカラ抜いてねー、と言われる。

出産時を思い出すかのように息を静かに吐いた。

でも痛いんじゃーー(><)
と心の中で叫びながら(笑)



終わりに近づいた頃、左の肘から小指と薬指の辺りが鉛のように重たくなった。
シビレなのか?と思ったけど、そうじゃなくて何とも言えない違和感が続いた。

うとうとしてたら、隣のベッドの奥さまが同じ事を言ってるのが聞こえてきた。

隣の奥さまも同じCVポート挿入したようで、情報交換したかったけど、
どうもそういう雰囲気ではなくてヨソヨソしく会話は一切無い。


がんの病院だから、お互いにプライバシーを守りあう感じ。
以前入院したことのある内科病棟とはワケが違う。


2時間くらいしたらその違和感が治ってほっとした。


二泊三日のバカンスは、とってものんびりさせてもらえた。
寝て起きて食べて寝て、
音楽聴いたり、テレビ見たり、本を読んだり。


がんという病気は嫌だけれど、
がんという病気のおかげで、私は心の整理というか、
色んなことをゆっくり考える時間が与えられた事に感謝している。

明日はもう退院の日。
家に帰ると現実が待っている。





スポンサーサイト



category: 日記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret